− 2009年6月より新たにスタートした日記です −
2013 食博覧会大阪 7日目
食博覧会大阪7日目
0502-01.jpg
開場と同時に続々とお客様が入場されます

4年に1度の食の祭典…
本日は会場全体をご紹介します

まずは1号館から
0502-02.jpg
この号館では1日に3回、
ステージ形式での催しをやっているようです
0502-03.jpg
残念ながら、私が行った時には最終公演が終わった後でしたので
ステージを見る事は出来なかったのですが
期間中にタイミングが合えば見てみたいと思います

続いては2号館
0502-04.jpg

ここは…ヤバイです
ネーミングの『食い倒れ横丁館』というのを見れば解ると思いますが…
気がつくとあれもこれもと購入したくなる魅力的なゾーン
0502-05.jpg

屋台村の巨大バージョンとでも申しましょうか…
とにかくあちこちから良い匂いが漂ってきて
ギャル曽根ちゃんの胃袋が欲しくなります

ちなみにこんな風にマグロの解体ショーなんかも行われていました
0502-06.jpg

そして3号館はと言うと
0502-07.jpg
ん?『ス米ル・マルシェ食育館』?

ブースの上には巨大なお釜がw
0502-08.jpg
お米がテーマのホールなのかしら

3号館の入り口にはチケット売り場があり、
壁沿いにダァーっと色んな国のブースが並んでいるのですが
様々なメニューの価格を見ると、どうやら全て100円らしい
0502-09.jpg
少しずつ色々な料理を食べ比べられるようになってるみたいです
あれもこれも食べたい私のような食欲魔神には
夢のようなゾーンです

そして大阪ガスブースのある4号館
0502-10.jpg

この号館は調理関係の器具やホテル・レストランなどの
企業ブースが集まっています
0502-11.jpg
ステージ演出や体験型のアトラクションが多いのもこの号館の特徴ですね
お隣の5号館はというと
0502-12.jpg

一気に他の号館とは雰囲気が変わり、幻想的なムードがっ
0502-13.jpg
中央に見える光のオブジェは和紙で出来たもの

この号館はパーティー会場やレストランなどの
テーブルディスプレイをあしらった展示が多く、
食器大好き・ディスプレイ大好きな私にはたらまない空間なのです
この号館のお客様は着物をきちんと着こなした身綺麗な方が多く、
色々と勉強をしにきているのかな?という雰囲気が漂っていました。

そして6号館は…と行きたいところなのですが、
なんせ会場が広過ぎて今日はここまでしか回れなかったので
明日、レポートしたいと思います
いや…少しは回ったんだけど…
『食欲』に負けて写真忘れましたw

そして自分の最終ステージ後、
明日の打ち合わせを終えてブースを出てみると…
0502-14.jpg
『海賊レストラン』ステージのクライマックスにバッティング
ブース前は平日とは思えない人・人・人
0502-15.jpg
調理をしている辻調グループのシェフ達も
『辻調理専門学校』には演技・舞台の授業もあるのではないか
と思いたくなるほどにシェフ達が楽しそうに、
そしてこのステージのキャストとして
本当に素敵な空間を作り上げていらっしゃいました

大人気の海賊スープ、
1000杯配ったぞと嬉しそうな海賊達
0502-16.jpg
さぁ皆さん…食博覧会、行きたくなってきたでしょう

まだ間に合う
会期は5/6までだっ

レッツ大阪
- / - / -