− 2009年6月より新たにスタートした日記です −
【PC】沖縄旅行〜4日目〜【推奨】

今日は沖縄に着いて始めての朝寝坊です。

毎日朝早くから夜遅くまで動き回っている私を見て神山さんが
「明日は少しゆっくり休んだ方がいいんじゃないですか?」
と、集合時間をゆっくり目にしてくれました

こうした神山さんの気遣いにより
今日は11時に待ち合わせとなったので
朝はホテルでゆっくりと食事をし、
まずはオーシャンパーティーへ。
01.JPG
私が船舶免許を取った時から
雑誌の取材、プライベートでの海遊びなど
これまで色々とお世話になっている
オーシャンパーティーのショウケンさん(PWCの先生)に
お土産を渡しに来ました。

が、事務所…空っぽ〜
誰も居ない〜

電話をしてみると船の修理(整備?)の為
マリーナに居るとの事だったので
神山号でマリーナへと移動。
02.JPG

こちらのマリーナにも何だかんだと毎回お世話になってますね
03.JPG

クルーザーが泊めてあるヤードに行くと
ショウケンさん&スタッフさんが一生懸命作業中。
05.JPG

少し落ち着いたタイミングで声をかけ、
今度の撮影会でクルーザーを出すとしたら
○○島(私が撮影に使おうと考えている島)まで
どのくらいかかるか?
島に上陸する際はボートかジェットが必要だけど
牽引していくとどのくらい時間がかかるか?など、
船内のソファーに座りながら
かなり細かい事まで打ち合わせをしました。
03-1.JPG

撮影会を予定している日程は
時期的に琉球海炎祭(花火大会)が行われる時期にあたるかも
という事で
まだクルーザーのチャーターについては
決定した訳ではないのですが(経費の計算もまだ出来てないしね)
もしチャーターするとしたら
今話しているこの船か、これに相当するサイズの船を用意する
と言って下さいました

ちなみにこの船…結構大きいのよ
(桟橋からだと全体が撮れない…)
10.JPG

この船で離島に撮影に行けたら最高だね
11.JPG

打ち合わせが終わったあと、
整備中で床下が開けてあったので…
06.JPG
潜らせてもらったw

船内の床面はアチコチ蓋が外されており
ちょっとしたトラップ状態。
落ちたら大変だ〜
07.JPG
上の写真の黄色の矢印の下には…

この船の心臓でもあるエンジンが2発入ってます
08.JPG

操舵室の奥にはベッドルームもあり、
奥まで見に行きたいな〜と思ったのですが
ここにもトラップがあるので今回は遠慮する事に
09.JPG
作業中にあまり船の中をウロウロしたら
迷惑ですものね

ちなみに、このマリーナには
一昨日の夜釣りで使った
玉ちゃんのグラスボートも泊まっています。
12.JPG

このグラスボート、みんなで手作りで作ったんだって。
屋根の瓦模様も勿論手書き…すごいっ
13.JPG

さて、打ち合わせの後は
神山さんと共に『夕陽スポット』&『岩場ロケーション』の
ロケハンへと向かいます。

宜野湾から北谷方面へと車を走らせ
何度も何度も車を停めて海沿いの状況を見て回りました。

最初に行ったのはこちら。
14.JPG
真っ直ぐに伸びた遊歩道から海が一望できるスポット。
ここからは建物や島に邪魔されることなく
『海に落ちる夕陽』が見られます。

防波堤の高さはこんな感じ
15.JPG
神山さんの身長が180cmだから、大体90cm位かな?

あまりにも気持ちの良いお天気で
ロケハンを忘れてのんびりモードに入ってしまいそうな私…
16.JPG

神山さんも一休みです
18.JPG

テクテク歩いていくと
このように広いスペースもあるので
引いて撮影したりする場合には
この場所の方がいいかもしれないですね
17.JPG

奥へ奥へと徒歩&車で進んでいくと
外国のストリートっぽい落書きがされたエリアに到着
19.JPG

さらに奥まで行くと飛行機の誘導灯があり、
見つけた瞬間飛行機が降りてきてビックリしました
(嘉手納の誘導灯なのかな?)
20.JPG

その後もこうした人気の無い
静かなスポットも発見し、夕陽スポットのロケハンはバッチリ
22.JPG

続いては岩場スポットを見に行きます。

途中…

沖縄県限定で販売している
ファミリーマートの『塩プリン』を買う為、ファミリーマートへ。
沖縄に到着し、『沖縄限定塩プリン』の存在を知ってから
何件もファミリーマートに行ったのですがGET出来ておらず
宿泊しているホテルの周りから
昨日・今日通った道のりにあるファミリーマートなどで
ちょいちょい見ているのですがどの店舗でも売り切れなんです。

どんだけ人気商品なのよ?!

で、この時立ち寄ったファミリーマートでようやく
1つだけ残っているのを発見

ルンルンしながらレジに持っていくと…

ピー!!

瞳「?」
店員さん「お客様すみません…
      こちら期限切れの商品の為お売りできません」
瞳「

せっかく…せっかく見つけたのに…

結局、何とな〜く似てる?と思い買ったのがこちら
21.JPG
“塩”しか合ってないけどね

神山さんと2人でシュークリームをモシャモシャと食べながら
次のロケーションに移動

…と、途中でもう一箇所
立ち寄らなくてはならない場所を思い出した

前回の撮影会で使用させていただいた
コチラのホテルの敷地内にある


フィッシャーマンズウォーフというレストラン&ビーチ


このロケーションは次回も是非使わせて頂きたいと思っていて
マネージャーにご挨拶をしておきたかったのです

今回は時間の関係でロケハンはせず
ご挨拶&打ち合わせのみでしたので貼り付けている写真は
2009年にロケハンした時のものですが
グルっと見わたしたところ
極端に変わっている部分は無かったように思います。


1月か2月に改めて最終ロケハンに行くつもりなので
その時に『現在のフィッシャーマンズウォーフ』の様子を
しっかり撮影してきますね


レストランのマネージャーにご挨拶をした後は
渡具地ビーチにある『泊城公園』に移動し
駐車場に車を停めて『岩場スポット』のロケハン開始です。

このように整備された公園の前には…


こんな感じの岩場があり
23.JPG

徒歩で渡ることが出来ます
24.JPG

このように迫力ある岩壁に感動していると…
27.JPG

磯遊びを始めた大きな子供が1人
25.JPG
一昨日の伊礼さんといい、この神山さんといい
男性ってこういう所に来ると童心に返ってしまうんですね〜

「お〜い…岩の大きさ解るようにちょっとそこに立って〜」
と私に呼ばれた神山さん。
“ハッ…ロケハンに来てたんだった
と気を取り直してスタンドインモデルに早代わり…
ん?モデル?
いやいや…サイズの比較対象物ですなこりゃ(笑)
26.JPG

その後、一旦岸に戻り園内の別の場所へと移動。
28.JPG

午前中は素晴らしい青空が広がっていたのですが、
午後から雲が多くなってきてしまい
どうもロケーションの魅力が伝わるような写真が撮れません

テクテク歩くこと約5分
30.JPG

先程渡った岩場が見下ろせる高台に到着です。
29.JPG

こちらのエリアにもステキな洞窟がいくつもあって
なかなか面白いロケーション
31.JPG

私が洞窟に萌え萌えしていると…

ん?神山さんが居ない

…居た
32.JPG
また潮溜まりで遊んでますw

うん…そのままにしておきましょう

楽しそうに遊んでいる神山さんは放っておいて
周囲をテクテク回っていると…
33.JPG
おっ?!晴れてきた!

慌てて先程の岩場(最初に渡った場所)が見える所に移動

おお〜!!やっぱり!
34.JPG
洞窟の下部分が真っ青です!

撮影会で洞窟越しに見える青い海や海面のきらめきを入れて
撮影したいな〜と思っていたので
それが伝わるようなロケハン写真を抑えたかったのです

本当は実際に岩の下にいる時に撮れれば
最高だったんだけどね
引きでの画像でごめんなさいね。

さて、すっかり存在を忘れていた神山さん。

ふと振り向くと…
35.JPG

どうやらハブにやられたようですw
36.JPG
ネタ作りに協力してくれてありがとうw

その後、さらに場所を移動するため歩いていると神山さんが
「瞳さん、コレ撮っておいたほうがいいですよ!
今、なかなか見ないから!」
と、草のようなものを持ってきました。
37.JPG

これは昔、虫を捕まえたときに入れておく
『虫かご』として使っていたものらしく
38.JPG

ソテツの葉を編みこんで作ったものなのだそうです
39.JPG

珍しい虫かごを発見しつつ、
さらに歩いていくと本日1番の(私的)萌えスポットが
40.JPG

何とも広い岩壁に瞳さん大興奮
41.JPG

神山さんにもモデルになってもらったけど…
ごめん、シルエットになっちゃったw
42.JPG

申し訳ないので改めてもう1枚
43.JPG

この時間帯、かなり雲が厚くて海の色が微妙だったんだけど
それでもこんな感じで水の色が青いのはさすが沖縄
44.JPG

このように岩場内でウロウロ撮影していると…

「瞳さん!瞳さん!撮って!」と大きな声が。

振り向くと…
45.JPG
変な生き物が立っていました

神山さん…暑さで頭ヤラレたか?
46.JPG

とまぁ、こんな感じで
『岩場ロケーション』のロケハンも終えた私達。
駐車場に戻った頃に青空が出てきて
悔しい思いをしたのはココだけの話という事で…
47.JPG

今日のロケハンは
神山さんが夕陽スポットや岩場を
予め探しておいてくれたおかげで
本当にスムーズに行う事が出来ました

神山さん、せっかくのお休みをロケハンに付き合ってくれて
ガイドまでしてくれてありがとう

で、ロケハンを終えた私達は皆と合流する為に
那覇方面へと戻るのですが…

途中で道端で販売している『ビックアイス』を購入
48.JPG

「みんな沖縄って言うとブルーシールのイメージだけど
俺達からするとソウルアイスはこっちなんだよね」
と、言っていた神山さん。
以前から道端に出ているこのパラソルが気になっていた私も
せっかくの機会なので食べてみた
49.JPG
なんかね〜
すっごく懐かしい味がするっ
舌触りも独特なんだけど、それ以上にとにかく
懐かしい感じ!!
高級感とか濃厚なとかいう言葉は全く当てはまらないんだけど
とにかくハマるっ!!
是非、皆さんも沖縄に行ってこのパラソルを見かけたら
試してみて下さい

ちなみにホンモノの『ビックアイス』は
上に貼った写真のように青と白のパラソルのお店です。
『ビックアイス』にとっても良く似たお店もあるみたいなので
間違えないようにね

あと…私は車から降りて買いに行っちゃったんだけど…
これ、車の中から買うのが本来の買い方なんだって
神山さんに
「何で瞳さん車降りたんですか?」
って、笑われてしまったよ…

『えっ?ブログの写真撮る為だけど何か?』
…っていうことにしておけば良かった

さてさて、アイスを食べ、
真っ直ぐ那覇に向かうと思いきや…

『神山さん…お腹すいた…』
神『…マタカ…』

と、いう事で小腹を満たしに
A&Wに連れていってもらいました
50.JPG
今回、イートインではなくてドライブスルーを使ったんだけど…
A&Wのドライブスルーってその場で食事が出来るのね
初めての体験で面白かったよ〜

グーグーうるさかったお腹の虫を静め、
ようやく那覇市へ到着

今日は(も?)三時で宴会です
51.JPG

只今妊娠中で一緒に海に出ることは出来ないけど、
ゆきのさんもかけつけてくれました
旦那様は奥に座っているしゅうさんです
52.JPG
私がオーシャンパーティーに講習に通っていた時、
その場に居た生徒皆で
「ゆきの先生としゅうさんってお似合いだよね?」
「くっついちゃえばいいのにね?」
なんて勝手に話をしていたんだけど
こうして本当にゴールインし、Babyまで出来るとは
思わず当時の講習仲間にメールしちゃったよ

こうしてみんなでワイワイやりながら
大将の美味しいお料理を頂きました
53.JPG

そして、何とゆきのさんから
「ちょっと早いけど
と、バースデーケーキをプレゼントしてもらいました
54.JPG

『ホールの誕生日ケーキと悩んだんだけど、
色々選べた方がいいかと思って』と、
美味しそうなケーキを何種類も買ってきてくれたゆきのさん。
素晴らしい心遣いです
55.JPG

食後、店内が私達だけになった後
お店の電気を消して
皆がHappy Birthdayを歌ってお祝いしてくれました
56.JPG

まさか沖縄で
誕生日をお祝いしてもらえるとは思っていなかったので
本当に本当に嬉しかったです
58.JPG
私は幸せものだな〜
59.JPG

ロウソクの火を消した後は
『さぁ、誰がどれ食べる?!』
と、美味しそうなケーキを前に皆で悩みまくり…
60.JPG

「とりあえず主役が先に選びなさい!」
という事で私はこちらのタルトケーキを頂くことに
60-1.JPG
めちゃくちゃ美味しくて笑いが止まらなかったよ
ゆきのさん、本当にありがとう

その後…
男同士の食べさせっこがあちらこちらで勃発
61.JPG

みんないい感じに酔ってますw
62.JPG

お祝いをしてもらった後、
しゅうさん&ゆきのさん夫妻は一足先にバイバイとなりましたが、
その後も店内は賑やかで…

気がつくと何故か三時がカラオケBOXと化していました
63.JPG
とはいえ、三時にはカラオケは無く、
大将のPCで曲をかけ、
マイクの替わりにチャッカマン片手にという
即席カラオケですけどね(笑)

タイラさん、気持ち良さそうに踊ってますな〜
写真右下では瞳のお守りで疲れた神山さんが爆睡中
このやかましい中でよく眠っていられるね


伊礼さんに至っては普段では想像も出来ない壊れっぷりで
ちょいとビックリ
64.JPG

でも何よりもビックリなのは…

お酒入ってないのにこれだけ壊れられる私だよね
65.JPG
もう、ブレブレ写真連発でしたが、
この時の勢いが伝わるかな?!って事で
本日の〆写真はコレでw

さぁ、明日はようやく海遊びだっ
ホテルに戻ったら支度しなくちゃね

沖縄 / - / -
【PC】沖縄旅行〜3日目〜【推奨】

沖縄旅行3日目。

今日はホテルのある那覇からググ〜ッと北上し、
本部港からフェリーで伊江島(いえいじま)に渡ります。

目的は勿論ロケハン。
今度の撮影会では北部方面は行動範囲に入れていませんが、
今日見てみて良さそうだったら
何かあった際の予備ロケーションにできるかな?という考えで
とりあえず行っておきたかったのです。

ホテルを出てからは本日のガイドである
神山さんをピックアップし、
高速に乗ってひたすら北へ。

ホテルで朝ごはんを食べはぐってしまい
合流時から
『お腹が減った』
と、うるさかった私を大人しくさせるために
神山さんは途中でお弁当屋さんに立ち寄ってくれました。
(まるでお父さんですな…)

ここでは普通のお弁当は勿論ですが…
01.JPG
このように自分でスープや薬味を入れるおそばが
100円で売っていたりと、
安く・美味しくお腹いっぱい食べられるお店なのです

私はおにぎりと100円そばを購入
02.JPG
お弁当屋さんの外にあるテーブル席で
ちゃちゃっと朝ごはんを済ませ
フェリーに間に合うように本部港へと向かいます。

03.JPG
伊江島にはこちらのフェリーで渡るのですが
車を載せるには事前予約が必要&次に出発するフェリーは
すでに満車という事で
ここまで乗ってきた神山号(ジムニー君)は本部港にてお留守番。

フェリーのお尻部分から乗船し…
04.JPG

伊江島へと向かいます。
07.JPG

船内は広々で
06.JPG

ゆったりとしたソファー席でのんびり
05.JPG

が、出発の時点でこうして見える近さの島なので…
08.JPG    

出港から30分で到着です 早っ
08-1.JPG

もうちょっと船旅を楽しみたかったなぁ
09.JPG

続々と島に上陸する車と共に、島に下り立った私たち。
10.JPG
まずはレンタカー屋さんに行き、この島での足を借ります。


レンタカーに乗り込み、最初に行ったのは
港から15分ほどのところにある『ニィヤティヤ洞』。

まるでハワイのハナウマ湾かのような美しい湾を望みながら
11.JPG

階段を下っていくと
12.JPG

このような洞窟に到着します。
13.JPG

この洞窟を抜けると美しい景色が目の前にっ
14.JPG

CMの撮影などで使われそうなステキな場所ですね〜
15.JPG

ニィヤティヤ洞を後にしてからはグル〜っと回って島の北部へ。
16.JPG

湧出(ワジー)展望台に到着です。
17.JPG

展望台の淵から下を覗くと…
18.JPG
とってもきれいな海
運が良いとクジラやマンタにも会えるのだそうです

と、下を覗いていて
下の堤防のようなところに人が居るのを発見
19.JPG
ん?降りられるんだ?って事で私達も行ってみる事に。

しかしいい天気だぁ〜
最高のロケハン日和です
20.JPG

車でぐぐ〜っと下っていき、
先程人がいっぱい居た堤防部分に到着。
21.JPG

海辺の岩に自分の影を写して遊んでみた
22.JPG

その後も島のアチコチを移動しながらロケハンを進め…
23.JPG

ここ通れるの?ってな道を進みながら
24.JPG

自然が作り出す雄大な景色を堪能してきました。


そして、本日のお昼は島の南東部分にある『伊江ビーチ』の…
26.JPG

海の家にて頂く事に
25.JPG

ここで私は昨日の『ぬーやるバーガー』に続き、
以前から食べたくて仕方が無かった
『沖縄の焼きそば』をオーダー。
27.JPG

沖縄では自宅で焼きそばを作る時
ソースじゃなくケチャップを使って作るっていうのをTVで見て
どうしてもケチャップ味の焼きそばを食べてみたかったのです
28.JPG
お味は最高
平打ちの麺にケチャップがよく絡んでとっても美味しかった

神山さんは牛汁定食?というものを注文していましたよ
いつのまにやら頭にタオルを巻いてどっぷり海人ですなw
29.JPG

食後、こちらに来てまだ食べていなかった
アイスをデザートに頂き大満足の瞳さん。
30.JPG
今回食べた『伊江島アイス』には
何種類もの味があったんだけど、
せっかくなので島の特産でもある
ピーナッツ味のアイスを食べてみました
ピーナッツの香りが口の中一杯に広がって
美味しかった〜

で、私がアイスを食べている横で
神山さんが売店でもらってきた冊子を見ていて
「あ、これ瞳さんが昨日釣った(釣り損なった)魚ですよ」
って見せてくれたのね。

瞳「へ〜これだったんだ〜?!
  マーサン・イユ・ヤイビーンって随分長い名前の魚なんだね?」
神「え〜っと…『マーサンイユヤイビーン』っていうのは
  沖縄の言葉で
  『とっても美味しい魚ですよ』っていう意味で…
  魚の名前はその下に書いてある“アカマツカサ”ですよ

…はぁ〜〜〜〜〜恥ずかしい
神山さん、こんなアホの面倒見ててきっと疲れたでしょうね〜


さて、これで島をほぼ一周した私達。
食後はフェリー出港までの時間を使って
城山(タッチュー・ぐすくやま)に登ってみる事にしました。
37.JPG

駐車場に車を停め、
登山道の入り口から気合いを入れていざ、頂上へ
32.JPG
標高172m?うん、楽勝でしょ
な〜んて思っていたけど…目の前に立ちはだかる
とんでもない傾斜の階段を目にしただけでドット疲れが…

神山さんのお尻を追いかけつつ
必死に登ること約10分。
33.JPG

一足先に神山さん到着
34.JPG

続いて私も到着
35.JPG
頂上からの景色は最高でしたが…

実は私…

高所恐怖症w

上に居る間はまだ大丈夫なんだけど…

下りの道のりがホント怖くて無理なのよ〜〜〜

と、いう事で帰りも神山さんに先に歩いてもらい、
全長180cmワイドスペックボディーで
私の目の前の景色をシャットしてもらい
何とか駐車場に到着。

はぁ〜…怖かった

下山後は登山口前にある売店で
『IESODA(伊江ソーダ)』というものを買ってみた
36.JPG
左の黒いのを私が、右の緑のを神山さんが購入。

黒いのは伊江島の湧水と黒糖で作ったブラックコーラ。
緑のはシークヮーサーの混合果汁をベースにした
海水塩入りソーダです

16:00発のフェリーで本部港に戻り、
その後は那覇方面には帰らず、
本日最後の目的である『楚洲』へと向かいます。

え?到着する頃には真っ暗じゃんって?
『真っ暗な中で見られるもの』を見に行くので問題なしです

実は昨日の夜釣りの時、
移動中のグラスボートから夜光虫が見えたのね。
その時に玉ちゃんが
『楚洲に行けばもっときれいに夜光虫が見られるよ。
しかも外灯も何も無いから星もすごく良く見えるんだ!』
って教えてくれて

北部ってとんでもなく広くて移動にも時間がかかって、
さらには1人だと(真っ暗だから)とんでもなく怖いんだけど…
「せっかく本部まで来ているんだし、
玉ちゃんお薦めの場所見に行ってみますか?」
って神山さんが言ってくれたので
お言葉に甘えてガイドをお願いしました

移動の途中…
39.JPG
昨日に引き続きとってもきれいな夕陽が見えて
助手席で窓に張り付いて見ていたら
神山さんが「車停めましょうね〜」って駐車場見つけて
わざわざ車を停めてくれました
41.JPG
ホント、優しい人だな〜って思ってたんだけど…

「そろそろ飲んで良いかね?」って
40.JPG
お酒が飲みたかっただけかいっw

優しさに感動していた私は一気にガッカリして
「楚洲までお酒はお預けです!」
と言い、その後も運転をお願いしちゃいました

楚洲からの帰りは
勿論私が運転するつもりだけどね

こうしてステキな夕陽様を見つつ、
神山号は北上を続けます。

途中、ヤンバルクイナの生息する地域に差し掛かると…

こんな看板がw

何だか滑稽で思わず笑ってしまいましたが
その後も…

カメ?!
この山の中でカメですか?!
(どうやら“リュウキュウリクガメ”というのが居るらしいです)

さらには…

イモリw

…夜道では絶対に見えませんが
とにかく注意しましょう

面白看板を見つけながら目的地の楚洲に到着。

…本当に真っ暗です
足元が見えないので3月の地震後いつも持ち歩いている
懐中電灯をつけて浜まで移動。

残念ながら夜光虫は見られませんでしたが
満天の星空を見ることが出来、
時間を掛けてここまで来て良かった〜って思いましたね
(運転は神山さんだったけど

帰りは3月11日の地震翌日に心配して連絡をくれた
『元祖 海ぶどう』の店長にお礼を言う為に
高速は使わずに58号を使って戻ってきました。
42.JPG
でも残念ながら店長は外出していてお会いできず…
お店の方にメモを残して食事だけ頂いて帰ってきました。

朝早くから出発し、
長距離の運転&私のお守りと
1日中すごく大変だった神山さん。
今日はガイドしてくれて本当にありがとう

沖縄 / - / -
【PC】沖縄旅行〜2日目〜【推奨】

昨夜、夜中の2時まで鍋を突っついていた私。

それから5時間後…
ホテルのバイキングでしっかり朝食をとっております。
01.JPG
ただお風呂に入って寝ただけなのに
どうしてこうもお腹が減るのか…
私の胃袋はブラックホールなのではないかと考えつつ
モリモリと食事を済ませてお出かけの準備です。

今回、私が沖縄に来たのは
『沖縄の皆さんと遊ぶ』という事もあったのですが、
来年の4月に開催を企画している
『沖縄撮影会〜Vol.2〜』のロケハンをする為。

で、今日は沖縄の人々から“神の島”と呼ばれている
『久高島』を見に行く事に。

今度の撮影会では本島中部〜南部を拠点に動き、
3日間の撮影工程の中の1日は
離島に行こうと考えているのですが
クルーザーが手配出来るかどうかがまだ解らないのと、
万が一チャーターのクルーザーが出港できなかった場合でも
定期船はよほどの事がない限り出港中止にはならないので
“予備”として使える場所を探しておきたかったのです。

って、事でやってきたのは安座真(アザマ)港。
02.JPG

ここから高速船に乗って久高島へと向かいます
03.JPG

本日一緒に久高島に行き、
ガイドをしてくれるのはこのお方。
2日酔い気味の調律師・伊礼さんですw
05.JPG
カッコつけてるのか気持ち悪いのか
イマイチ解らない微妙なポージングがナイスです

さて…
2年前から就航しているニューくだか靴
全長20m。横揺れに強く安定した乗り心地
…のはずですが
04.JPG

『嵐を呼ぶ女』が乗るとそんなことは関係無いらしく…
08.JPG

窓から『青い海と青い空』を楽しもうとしても…
06.JPG

ザッパ〜ン!!
07.JPG
ってな感じで波が景色を隠してくれやがります

私は…
一生穏やかな航行を楽しむ事は出来ないのでしょうか

約15分ほどで船は久高島に到着。
09.JPG
この島は道路が狭いので車ではなく
『レンタサイクル』での移動となります。

レンタル屋さんに受付に行くと
看板娘ならぬ看板ワンコのハッピーちゃんがお出迎え
10.JPG

接客も慣れたものでツーショットもこの通り。
しっかりカメラ目線です
11.JPG

受付を済ませ、
何年ぶりに乗るのかしら?って位に久しぶりな自転車に乗り込んで
久高島探検に出発
12.JPG

この長い長い 下り坂を〜

と、“ゆず”の歌が聞こえてきそうなステキな景色の中、
2台の自転車は島の最北端を目指します。
13.JPG

ちなみに私が今日来ている久高島は
沖縄県南城市に属する島で位置関係はこんな感じ。


先程船に乗り込んだ安座真港がピンクの文字で書かれた場所。
そこから高速船に乗って15分で
赤文字で書かれた『久高港』へと来たわけです。


船でたった15分なのに…
何故か空気が違う気がするのはやっぱり神の島だからかな?

自転車で走り続けると途中からは舗装も無くなり
砂利道を行く事に。
14.JPG

そして到着した島の最北端は…
15.JPG
ありえないほど透明度の高い水と
最高の景色が私たちを迎えてくれました。

本州で断崖絶壁って言うと、
どうしても『火サス』っぽく感じちゃうけど
(犯人が追い詰められる的なダークなイメージ)
16.JPG

ここは同じ断崖絶壁でも恐怖感や暗いイメージは全く無く、
むしろ心が洗われるような感じでした。
17.JPG

で、ふと振り返ったところ
2人が乗ってきた自転車が妙〜に画になっていたので
1枚パチリ
18.JPG

その後も島の中を自転車で移動しつつ、
撮影できそうなポイントを探します。
19.JPG

島の南東方向に広がる浜には
こんな感じの巨大岩があったので
20.JPG

ちと撮影会ごっごなどをしつつ
岩陰でしばし休憩
21.JPG

ここは潮だまりがひろがる浜で
かなり奥まで歩いて行くことが出来ます。
(海側から島をみるとこんな感じ)
22.JPG


しばし散策をしていると
潮だまりに取り残されたお魚を狙うニャンコを発見。
丸々と太っていて、
いつも美味しいものを食べてるのね〜って事が解ります
26.JPG

そしてふと気がつくと…
伊礼さんが居ない?

周りを見渡すと…
23.JPG
潮溜まりのお魚などを観察しながら
どんどん沖へと向かっています

お〜い、戻ってこ〜い

で、伊礼さんが戻ってくるまでの間
時間つぶしに影を使って自分撮り
24.JPG

その後、港に戻るために自転車に乗り込んだのですが
とんでもない日差しに耐えられず、
思わずハンドタオルを日よけにしだした瞳さん。
25.JPG
すれ違った散策中のおじさんに笑われてしまったけど
オデコが熱くて耐えられなかったのよ〜

で、港に戻ってきた私たち。
27.JPG

ここからは『人探し』開始です。

まだこの島を撮影に使うかどうかは解らないけど、
もしも使うことになった場合大丈夫なのか?という
確認&撮影許可を頂きたく、
誰に許可をもらったらいいのか、
どこに行ったらいいのかを島を散策しながら調べた所、
『とにかく長老(本当はこういう呼び方ではないんだけど
本来の呼び方は一般では使わないので
ここでは『長老』とさせて頂きます)に聞いたほうがいい』
という答えが返ってきた為、
長老探しの旅がスタート。

この島には200人程の島民が居るのですが
時間帯のせいなのかなんなのか
まず“人に会うこと”が殆ど無い。
そんな中、出会ったおじちゃんやおばちゃんに声をかけ
長老の家を聞いて回る伊礼さんと私。

自転車であっちへこっちへと走り回り、
ようやく長老家に着いたのですが…

そこに居たのは長老家の改修工事をしている
工事関係者の方のみ

長老はどこに行ってしまったのかを聞いた所、
お散歩に出かけているということで
いつものお散歩ルートを教えてくれました

が…

その後もなかなか会えない…

そりゃそうさ…
私たち長老がどんな方なのか知らないんですもの
すれ違ったとしても解らないよね…

で、改めて港に行き
地元の方がおしゃべりをしているところで
長老の特長を聞いてみた。

すると

「う〜ん…そうね〜、
亀仙人みたいなヒゲを生やした方ですよ

亀仙人?
ドラゴンボールの?

…さっき、それっぽい人とすれ違ったぞ!!

で、ようやく出会えた長老様

確かに亀仙人っぽいおヒゲを生やしていましたが
とてもステキなお爺様でした

ゆっくりゆっくり撮影の事を説明し、
無事に許可を頂いた私たち。

ようやくロケハンを終え
帰りの船が出るまでの時間を使ってひとまず乾杯
28.JPG
いやぁ〜〜〜〜暑かった

でも、この島のロケハン、
伊礼さんが一緒に来てくれて本当に良かったよ。

神の島という事でうっかり近寄ったらいけないエリアもあるし、
道を聞くにも島の人たちの言葉が難しくて解らなかったり
(何気に伊礼さんも苦労してた
長老の件も伊礼さんのお友達が長老の知り合いで
名前を貸して下さったお陰でスムーズに許可を頂けたし…

伊礼さん、感謝

帰りの船ではたった15分の間に爆睡をし、
パワーを充電した瞳さん。

港について目が覚めると…

『伊礼さん…お腹空いた…』

相変わらず燃費が悪すぎです。
これから皆と合流する予定なんだけど…

それまで我慢できないのよ〜

…って事で、連れてきてもらった『JEF』
29.JPG

伊礼さんはあまりお腹空いてないのかな…なんて思ってたけど
30.JPG
随分大きなもの頼んでるじゃないのさ
左の『ぬーやるバーガー』が私、
右の『ジャンボポークサンド』が伊礼さんのオーダーです。

ちなみにこの『ぬーやるバーガー』…私、ずっと前から
食べたくて仕方がなかったのよ
31.JPG
自宅でTVを見ていてガレッジセールのゴリさんが
『ヌーヤルバーガー ハンバーガー 
ニヘーデービル ボディービル』
っていうギャグを言い出して
何だコレ?!
って思って調べた所、
元々フーチバー親方っていう沖縄の芸人さんのギャグだそうで、
そこで『ぬーやるバーガー』という食べ物がある事を知り…

以来、是非食べてみたかったハンバーガーだったのです

ちなみに『ぬーやるばぁ』っていうのは
沖縄方言で『何だコレ?』って意味だけど
“ぬーやるバーガー”は
“何だコレバーガー”って意味になるのかしら?!

中身はゴーヤ入りの玉子焼きとポークで
『THE 沖縄』なお味
私はあまりゴーヤが得意ではないけど、
これなら食べられるぞ〜

JEFでお腹を満たし、
玉ちゃんと神山さんと合流。

今夜は玉ちゃんのグラスボートで
夜釣りに連れて行ってくれるとの事で
玉ちゃんと伊礼さんがボートの準備をしている間を使い、
神山さんと私は『夕陽スポット』を見る為
短時間ではありましたがロケハンに出発

グラスボートを泊めているマリーナから
車でちょっと行ったビーチで夕陽様の姿を確認してきました。
32.JPG

前回の撮影会では最終日の
『もう帰るんですけど何か?』な時間帯に
ひょっこり顔を出しただけで
撮影時には全く顔を見せてくれなかった夕陽様…

今回はこんなにステキな姿を見せてくれました
33.JPG

で、その夕陽を使って遊ぶ私…
太陽まで食べる気か?
34.JPG

神山さんが買っておいてくれた
ノンアルコールカクテルで乾杯しつつ
36.JPG

しばし沈み行く太陽を見ていました
35.JPG

夕方のマリーナ…キレイだったよ〜
37.JPG

さて、夕陽様の沈む方向などを確認した後は
出港の為マリーナへ
38.JPG

船長の玉ちゃんが操船するボートで夜釣りに出発です
40.JPG

しゅっぱ〜〜〜つ
39.JPG

…はい

やっぱり海、荒れてます
これでもかって位にうねりが襲ってきます。
何かのアトラクションのように揺れていますが
ここは決してディスニーランドでも
富士急ハイランドでもありません。

『ダメだって判断したら戻るからね』
という船長・玉ちゃんの言葉を聞いてからの出港だったので
まぁ荒れているんだろうなとは思いましたが
『嵐を呼ぶ女』はホンモノのようです。

何せ東京を出る前に見た天気予報で
お天気自体は晴れ続きで
「よっしゃ〜」って思っていたんだけど
その下に表示されていた風速を見て
「…?!」
って状態でしたからね
海関係の皆さんからは
「瞳ちゃんの滞在中は荒れが収まらなそうだね〜
と言われてるし…

でも負けないっ

そんな状況でも船を出してくれた皆さんと
とにかく楽しむぞ〜って事で、またまた乾杯
41.JPG

あっちこっちに体をぶつけつつ、何とかポイントに到着。
皆は黙々と仕掛け作りを開始します。
42.JPG

この揺れる船で手元を見ながらの細かい作業…
よく酔わないなぁ…
43.JPG

船に普通に乗っている分には船酔いは無い私ですが、
さすがにこうして細かい作業は出来ないや
でも、釣りするならこういうのも少しづつ慣れていかないとね〜…

で、神山さんが仕掛けを作ってくれた釣竿を片手に
夜釣りスタート
44.JPG

まずHITしたのは伊礼さん
45.JPG
ミミジャー(ヒメフエダイ)という
煮付けにすると美味しい魚をGETです

その後、私もHITしたのですが
あとちょっとという所でバラしてしまい…
姿は見えたのに手にする事が出来ませんでした

その後も皆で頑張ったのですが
海のあまりの荒れっぷりに
「今日は無理だね」
という事になり、帰港。

釣果は伊礼さんのミミジャー1匹でしたが
とっても楽しいひと時でした
46.JPG
(ん?獲ったど〜じゃなくて釣ったど〜かな?)


船を片付けてからは近所の居酒屋さんに行き
今夜はここでお夕食
47.JPG

アオサや島らっきょうの天ぷら、ソーミンチャンプルー、
ゴーヤーチップスなど沖縄尽くしな食卓
48.JPG

伊礼さんが釣ったミミジャーは…
h.jpg
お店の方にさばいてもらって
美味しい煮付けになって出てきました
49.JPG

と、いう感じで2日目も朝早くから夜遅くまで
あっちへこっちへと走り回り、
ロケハンだけではなく楽しく釣りも出来て最高の1日でした

沖縄 / - / -
【PC】沖縄旅行〜1日目〜【推奨】

昨夜、何とか22:30には荷物の準備を終え、
きちんと睡眠時間を確保して出発する事が出来た瞳サン。

今日からお馴染みの“沖縄1人旅”のスタートです。
相変わらず長文日記になりそうですので
PC推奨とさせて頂きます

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日の飛行機は11時台最後のゆっくりな便。

羽田に着いてまず座席を確認…

今回はJAL系のツアーで申し込んでいるので
すでにクラスJの席を押さえてはあるのですが、
ネットで座席指定をした時に窓際の席が埋まっていたので
「まさかキャンセルとか出てないよな〜…」
と、ダメ元で空席を調べてみたのですが…

あ 1つ空いてる…

82Kかぁ…

…(*´ω`*)?!

82K?!

82Kですと?!

私が乗る機体の81・82番台は
昔でいうところのスーパーシートにあたる席。
この機体には全部で12席しか無い
めったに取れない座席。

しかも、右側窓際!!
(右側は行きに富士山が見えるのよ〜

最初はまさかまさかの出来事に頭が回らず、
しばしタッチパネルを見ながらボーっとしていたのですが
事の重大さ(私には重大な事なんですw)に気がつき
即効で座席変更

取れた…

ルンルン気分で荷物を預け、
朝食兼・昼食を食べにレストランエリアへ。
01.JPG

食後、ラウンジでゆっくりしてから
ゲートに向かおうかなと思ったのですが
お土産コーナーでフラフラしていたら時間が経ってしまい
食後のコーヒータイムが無いまま出発
02.JPG

座席変更でGETした元スーパーシートは…
04.JPG

このように肩幅の広い私でも広々
(自分撮り、超恥ずかしかった…)
05.JPG

後ろの席との間には壁があるので
気にせずリクライニング出来るし、何よりも…
03.JPG
右側の窓際をGETできたお陰で
このようにきれいな富士山と芦ノ湖を望むことが出来ました

そして半年ぶりに降り立った那覇空港は…

どれ位ぶりよ?!って位に
久々の青空が広がっていました
06.JPG

半年前の4月、そして今年の1月、さらに昨年の秋と
約1年の間に3回ほど沖縄を訪れていましたが
常にお天気に恵まれなかった私。
こんなに沖縄らしい沖縄は久しぶりです。

空港到着後は、今回の旅行期間中に車を貸してくれる
神山さん(沖縄撮影会でアシスタントしてくれた方ね)と合流。

神山さん、今夜は夜勤だっていうのに早起きして
わざわざ空港まで車を持ってきてくれたのよ
なんて優しいのでしょう!

そんな神山さんに私がかけた最初の一言。

瞳「神山さん、このあと少し時間ある?!」
神「はい、少しなら大丈夫ですよ?」
瞳「ここ!ここに行きたいの!(冊子を指差して)
  で、これが食べたいのっ!時間大丈夫?仕事間に合う?」
神「…^^; はい、大丈夫です(苦笑)」

きっと神山さんは
「着いた途端に食べものの話かい
と、思った事でしょう

私が食べたかったのはこちら
00.JPG
飛行機の中でもらえる冊子「ちゅらナビ」に載っていた
ソフトクリーム。

いつもはちゅらナビをもらう事もなく、
ガイドブック的なものには目も通さない私ですが、
何だか今回は飛行機の中で寝付けず、
CAさんに頂いた冊子をチラチラと見ていたのです。
そこで見つけた美味しそうなソフトクリーム…
豊見城(トミグスク)ならそんなに遠くないなって事で
神山さんにお付き合い頂こうと思った訳です。

神山さん…これから夜勤だってのに…つき合わせてごめん
しかも
「先にホテルに荷物置いてしまった方が楽ですね!」って言って
わざわざホテルにも立ち寄ってくれた!
優しい人だな〜

この時、新しく出来た「うみそらトンネル」っていうのを
初めて通ったんだけどこれが出来たお陰で
空港からとまりん方面へのアクセスがとっても楽になりました
07.JPG

500m分位海の中を走るんだけど、
これまで空港通りを利用して
大回りして行かなくてはならなかったエリアに
ほぼ真っ直ぐ行くことが出来て本当に便利
08.JPG

スイスイと走り続けてホテルにチェックインをし、
目的のソフトクリームを食べにGOでございます

お店は『沖縄アウトレットモールあしびなー』に入っている
“黒糖かなさ”
09.JPG

その店内にある販売コーナーで
目的のソフトクリームを購入します。
10.JPG
写真の左に写っている
『サーターユ』っていうのがベースになっていて
このサーターユに黒糖サブレなどをトッピングしたものが
『ちゅらなび黒糖ソフトクリーム』なのです。
00.JPG
ちなみに公のメニューには無いメニューなので、
この冊子を見せてオーダーしないと
このソフトクリームは出てきません

気のいい店員さんとおしゃべりしながら待つこと数分…
『いっただっきま〜〜〜す
11.JPG

…ってな写真を撮った直後…
12.JPG
赤丸で囲った部分についているサブレが…

落下!!



ショックでフリーズしている私を不憫に思ったのか
お店のおばちゃんが新しいサブレを持ってきて
くっつけてくれました

おばちゃん、ありがとう
(ちなみにこちらのお店は基本撮影禁止です。
今回は許可を頂いて撮影&アップさせて頂きました


ソフトクリームを食べた後は
これからお仕事に行かなくてはならない神山さんを送る為に
神山家へ移動です。
私が車を使っている間、
神山さんは毎日バイクでお仕事に行く事になるのですが…

頼むから期間中雨降らないでね…

人に車を貸して自分はずぶ濡れで出勤なんて
あまりにも可哀想過ぎるもの

さて、神山さんとバイバイした後は…

毎度お馴染み
『お好み焼き 三時』でお夕飯です
13.JPG

誰?今
「食ってばっかりじゃん」って言ったの?
当たり前でしょう…食欲魔人・鈴木瞳のブログなんだからw

本日お夕飯を一緒に食べたのは
絶対音感の持ち主、ピアノ調律師の伊礼さん
15.JPG

まずは大好きな『ねぎたこ焼き』から始まり
14.JPG

続いては今回はじめて注文してみた『さつまいもバター』
16.JPG
なんともホッコリした優しい味で、
食べると気持ちが優しくなる1品でした

まだまだお腹がすいている私はここで焼きそばを注文
17.JPG
粉物&お芋で普通なら膨れているはずのお腹にも
抵抗無く入っていく美味しさ…大将、さすがですっ

そしてお店からお客様も引き、
電話オーダー分の調理も終えてひと段落した大将と…
18.JPG
ようやく2ショット撮影が出来ました

いつも忙しく調理をしているという事もあるけど、
なかなか撮影チャンスがない大将。
みんなのブログで見る写真にはいつも
大将の優しい笑顔が載っていて
『私も大将の写真が欲しい!一緒に撮りたい!』
って、思っていたのね。

で、今回の沖縄行きのミッションの中に…

・大将と2ショットを撮る!!

というのを勝手に入れていた私

ようやく一緒に撮影してもらうことが出来ました

その後、大将&伊礼さんと共に
やたら盛り上がって話をしていると…
いつの間にやら日付けが変わってるw

でも、盛り上がった話は収まらず
『ちょっと俺の夜食に付き合ってくれる?』という一言から
大将のお夜食にお付き合いすることに

美味しそうでしょ〜
19.JPG
この鍋の名前は何だろう?って思って大将に聞いたら…

『名前?無いw』

って言われた

最初はもつを入れてもつ鍋にしようとしていたんだけど
私がもつが苦手というのを知って急遽具材を変更。
私が大好きなもやしをたんまり入れて
お野菜たっぷり&豚バラを入れて作ってくれました

で、大将が命名したのが

『瞳スペシャル』

ヤッホ〜イ
お鍋に自分の名前がついたぞ〜
(*定番メニューではありませんのであしからず

3人でハフハフ言いながら鍋をつつき、
「うどんもイケルか?」と聞かれ
『勿論!』と答えた私。

はい…
この時点で1時を回っているけど…まだまだ食べられますw
7時に三時に到着してからかれこれ6時間経ちますが…
まぁ、気のせいでしょう
20.JPG

って事で、うどんが投入された鍋がこちら
21.JPG
これがね〜…笑いが止まらない位に美味しかったのよ

大将…こんなに美味しい夜食が食べられるなら
毎晩お付き合いしますよ!って感じです

結局3人でワイワイと2時過ぎまで食べまくり喋り捲りで
ホテルに着いたのが3時過ぎ。

初日から飛ばしまくりの私…
あと5日間体力はもつのでしょうか

沖縄 / - / -
沖縄からの贈り物

今日、宅急便がうちに来た。

何だろう?と思い、受け取りに出てみると…

沖縄の仲間からの贈り物

中には…

美味しそうなマンゴーが

さっそく夕食のデザートに頂きましたが
甘くて濃厚でものすごく美味しい


いつも沖縄に行くと皆にお世話になってばかりで
私の方こそ何か贈り物をしなくちゃいけないのに
『東京で頑張ってる瞳さんへ!』
って送ってくれた現地のお友達…ホントにありがとう

また秋には沖縄に帰るからね〜

沖縄 / - / -